シバソク品質保証体制

品質への取り組み

「製品ではなく商品、そしてその信頼性は社員が創造するものである。」をモットーに、社員の意識向上と自覚のために、社員の教育、訓練が行われなければなりません。したがって、当社では、この教育、訓練は、長期的な経営計画の基に、計画的かつ継続的に行っております。

QMS

ISO9001登録事業所: 所沢事業所

基本方針

  • 教育訓練は、『三現主義』の考え方を取り込んで行うものとする。
  • 教育訓練は、単に社員の職務遂行能力の向上にとどまらず、自発的な向上意識を持ち、自ら学ぼうとする。
  • 教育訓練は、長期的視野に立ち経営者、社員、顧客、社会のニーズを捕らえたものでなければならない。

三現主義とは・・・

現場、現物、現実という「三つの現」を 重視することを意味しており、 この「三つの現」を均等にかつ深く追求することにより、物事の本質を捉えることができる。

三現主義  

当社の品質における重点項目

  • 教育訓練体制
  • 製品保証の立場からの体制と組織
    • 設計管理
      新製品企画、FMEA、デザインレビュー、設計検証、安全性試験、信頼性試験、製品認定、文書管理
    • 製造管理
      部品購買、生産管理、協力工場管理、受入検査、工程内検査、出荷検査、工程内不良管理、環境管理
    • アフターケア
      クレーム管理
  • 計測機器トレーサビリティー管理
  • 品質監査

詳細は、ドキュメントをご覧ください。

このページのトップへ